消費税10%に備える

ここ最近、消費税10%の動きが活発化していますね。
いつの間にか消費税の増税に賛成とか反対とか言う前に、
来年の10月に予定している…なんて記事に変わっているくらいです。

ついこの前まであった消費税増税反対!とか言ってた風潮はどこに行ってしまったのでしょうか。それとも、これに関してのデモは今でも繰り広げているにも関わらず、一切の報道をシャットアウトしているのでしょうか。

おそらくですが後者であることが濃厚だと思います。
日本の報道機関は国にとって不利になるようなデモは報道しませんので…。

そんなほぼ確定してしまっている消費税10%ですが、
来年の10月の引き上げを目指すということはあと1年も無いということになります。

今年の4月に5%から8%になったことを考えると、
わずか1年半の間に消費税が倍になるということになるんです。
この小刻みに増税をしてくるあたりに政府の悪意が感じられますよね。

当然一気に倍に引き上げれば国民感情も高まりますし、
場合によっては企業なんかも増税が影響で倒産してしまう可能だってある訳です。

ただ、8%になった段階でも倒産した企業はたくさんありますので、
ひょっとすると10%になったらもっとひどいことになるかもしれません。

しかし、今の日本の経済状況や将来の展望を考えると、
増税をするしか方法が無いということも分かります。

むしろ10%で済んでいることに良しとするくらいなのかもしれません。

今分かることは10%になることにより経済状況も大きく変わっていくことと思います。
これが良い方向に行けば良いのですが…どうなんでしょう。

結局は政治家が政治家を守る為の最悪の展開にならないことだけは祈りたいと思います。