消費者金融とヤミ金ってどう違うの?

皆さんは消費者金融とヤミ金の違いについてしっかりと理解していますか?
あまり消費者金融に詳しくない方だと大手消費者金融のアコムやプロミス、モビットなどもヤミ金だと勘違いしている人もいるかもしれないですね。
もし今もそのような勘違いをされている方がいらしたら、ここでヤミ金と消費者金融の違いをしっかりと理解して、ちゃんとした正規の消費者金融を利用するようにしましょう!

まずこの2つの大きな違うですが、単純に言ってしまうと貸金業法を順守しているかしていないか、ということです。
貸金業法では、お金を融資するにあたり金利の上限を定めています。
なので正規の消費者金融のウェブサイトなんかをチェックしていただくと分かりますが、だいたいの金利はほぼ一緒です。
年利20%以下での営業が定められているので、例えばアコムやアイフルは上限が実質年率18%、プロミスは17.8%といった具合です。

一方ヤミ金はそのような上限金利は守りません。トイチやトサンといった言葉を聞いたことあるでしょうか?
これはトイチは10日で1割、トサンは10日で3割もの金利を取るということです。ものすごい額ですよね。
さらにひどいことになるとヒサン、すなわち1日に3割というひどい金利を設定しているところもあると聞きます。

そして正規の消費者金融は融資を受けられるようになる前に厳正な審査があります。
そこで安定した収入がないと当然審査には通りません。
しかしヤミ金は違います。「すぐに審査なしで借りられる!」なんてことを謳い文句にしたりして弱みにつけこんでくるのです。

いかがでしたか?いますぐお金を借りたい!と思っても、絶対にヤミ金には手を出さないでくださいね!

こちらは貸金業法を守っている正規の消費者金融について詳しく記述されているサイトです。
借りられないかも…と思う方でも条件にあう消費者金融が見つかるかもしれません。
是非ご覧になって参考にしてみてください。