カードローンの契約はお金があるうちに

カードローンはお金を借りるサービスであって、
カードローンを利用する時というのは当然のことながらお金が必要な時です。

しかし、お金が必要な時というのは無職の時だったり、借金をしている時だったり、条件としてはお金を借りるに相応しくない場合が多かったりします。

例えば無職の場合、カードローンの審査を通過することは難しくなってしまいますし、他社から多額の借入があるにも関わらず、また他のカードローン会社と契約するのもやはり審査を通過するのは難しくなってしまいます。

そこで…カードローンを契約するのに最も適しているタイミングは仕事をしている時であり、お金に余裕がある時だと言えると思います。

ちなみに、カードローンを複数同時に申込みをすると審査が通りにくくなってしまいます。信用情報は金融サービス業界の間で共通の情報となりますから、一気に同時に申込んでくるということはかなりお金に困っている…返済出来ないかもしれない…お金を貸すことは出来ない…ということになってしまうのです。

そこで、お金に余裕のある時に、時間をおいてゆっくりとカードローン会社と契約を済ませておけば、借入実績も無いのできっと複数のカードローンの審査に通るはずです。

無理矢理カードローンの契約を勧めるものではありませんが、世の中の経済状況によって波があるような職業の方は余裕のある時にこそカードローンの契約をしておくという備えがあっても良いかもしれません。

本当に困った時に過去に契約したカードが役に立つ時が来ると思いますよ。

ただ、肝に銘じて欲しいのは、
収入の予定が無いのに多額のお金を借入ないことです。
これをやってしまうととんでもない事態に陥ってしまうので絶対に注意して下さい。

お金を借りてるという意識は絶対に忘れないようにしましょう。

カードローンは二種類ある

カードローンと言っても実は二種類あります。
一つは銀行系のカードローン、もう一つは消費者金融系のカードローンです。

それぞれの特徴としては、銀行系カードローンは金利が低い変わりに審査が少し厳しく設定されており、消費者金融系カードローンは金利が少し高い変わりに審査が少し甘く設定されています。

また、この二種類のカードローンの最も大きな違いとして、銀行系カードローンは総量規制対の象外となっています。総量規制の最も大きな特徴としては、年収の1/3までしか借りることが出来ないというもので、銀行系カードローンは年収の1/3までの対象にならないということになります。

つまり、借入をする上で年収の概念が必要無くなりますから、収入の無い専業主婦でも借りることが出来るというのが銀行系カードローンの大きなメリットの一つと言えるでしょう。しかし、先ほども言った通り、審査は厳しめに設定されていますのでこれまでの信用情報に何かしら問題があったりすると借入することは難しくなってしまいます。

しかし、その場合は消費者金融系のカードローンもありますのでこちらを利用するようにしましょう。消費者金融系カードローンは一定の収入があり、年齢が20歳を超えていれば大体の方は借りることが出来ると思います。しかし、こちらは総量規制の対象となりますので、年収の1/3以上の借入がある人は借りることが出来なくなってしまいます。

このように、カードローンと言っても二種類ありますので、用途に応じて利用すると良いと思います。ですが、まずは金利の安い銀行系カードローンに融資を申し込んでみる方が良いと思います。ただ、これまでに返済が遅れたりしたことがあるという方は消費者金融系カードローンの方が良いかもしれませんね。

消費税増税でやはりカードローン利用者が増えています

4月1日からいよいよですが消費税増税がはじまりましたね。

増税前の駆け込み需要で多くの方が必要以上の散財をしたのではないのかと推測します。
金融業者に知り合いがいるのですが4月に入ってからやはりカードローンを作る人が増えているようです。

増税前に節約しようと色々と購入したのにカードローンを作って利息を支払うとはなんとも矛盾したように感じますが、やはり増税前という言葉にあおられて不必要なものまで購入している方も多いようですね。

ただ利息で損をするとか小さい話ではなくカードローンを一つ作っておくことは非常に重要だと私は思います。金銭的に余裕がある時に作っておくのが一番良いですね。

何かあった時にお金をサッと引き出せる環境を整えておくことは生活を円滑に送るためにも重要だと思うからです。

出来れば低金利ローンが良いですね。やはり金利が安い方が得ですから。
とはいえ低金利でお金を借りれる場合には限度額が高い場合がほとんどだと思っておいた方がよいでしょう。

大体初めのうちは50万から100万程度しか限度額が設定されないと思うので最初から低金利という言葉に惑わされすぎないのも大切です。

最初は50万から100万の借金で返済を積み重ねそして増額と同時に徐々に低金利になる場合がほとんどです。なのでカードローン初心者の方は下限金利で金融業者を選ぶのではなく上限金利の高さで業者選びをすることをおすすめします。

ただ銀行だろうが消費者金融だろうが50万程度の融資を受ける場合にはさほど金利の違いは出てこないでしょうし、金利の違いがあったとしてもそこまで利息の違いは生じてこないと思います。

ちょっとしたことですがこういった情報を頭に入れておくことで上手にカードローンを使いこなせるようになります。

消費税増税でやはりカードローン利用者が増えているからこそ賢いカードローンの知識を学ぶと良いでしょう。

消費税8%まであと一週間!

間もなく消費税が8%になろうとしていますねー。
テレビCMや巷では増税前に買いだめなんて言葉がありふれていますが、それについてはどう思いますか?実は私も必要な物は買いだめした口なのですが、必要なものならともかく、大きな買い物なんかはどうなんでしょうね…。

例えば、車や住宅なんかは確かに3%の違いかなり大きな金額になってきますが、何となくですが買わされてる感が否めない訳です。それが良い意味できっかけになっているのならアリだとは思いますが、買う予定も無かったのに数年後に買い替えようと思っているだけでこのタイミングで大きなお金を支払うのはいかがなものかと…。

しかし、それで経済が潤うのなら良いのですが、やっぱり小市民を狙った悪法とも思えてくる訳です。これからはきっと生活コストは圧迫され、いわゆる贅沢品を買う機会も減っていくのだと思います。少なくとも8%という数字に慣れるまではそうなると思います。

私は今のところ車も住宅も買う予定はありませんが、買う頃にはきっと8%という数字にも慣れていると思います。でも、丁度買おうかどうか迷っていた人はきっとこのタイミングになるのでしょうね。何にせよ、増税貧乏だけにはならないようにしたいものですね。

そして、これも私の予想ですが、これからカードローンなどの利用者も増えていくと思います。単純に生活コストが圧迫する訳ですから、これまでの生活水準を維持しようと思えばその分赤字になる訳ですから。どこかを切り詰めれば良い…と思うのでしょうが、それが出来ないのが人間だったりします。まぁ、カードローンの利用者が増えても経済が潤えば給与も上がる訳で、そういう世の中になっていけばそれはそれで良いとは思うのですけどね!

消費税8%に備える

間もなく我が国日本で恐ろしいことが起ころうとしています。

それは…消費税8%!!

これまでの5%から3%も消費税が上がります。

これまで日本では、

1989年 消費税3%施行
1997年 消費税5%施行

と1989年に施行されてから消費税が少しずつ上がってきました。

そして…

2014年 消費税8%施行

これまでの3%と5%の衝撃が一気に来るのが消費税8%です。

そして2015年には10%になる予定と言われています。

5%から8%まで17年かかっているのに、
8%から10%までは1年で…というのは、
それだけ日本の財務状況が苦しいと言えるのではないでしょうか。

これからの時代、日本はどんな国になっていくのか。
経済評論家たちは一斉に警笛を鳴らしています。

これからは海外からどんどん安い人材が入ってきて、
日本人は外国へ出稼ぎに行くようになる…と。

これまで日本が安い人件費だからと言って使っていた海外の人材を
今度は自ら安い人材となっていくと言われています。

そんな時代にどのようにして生きていけば良いのか。
賃金が上がらず物価だけが上がっていく。
それはつまり、実質賃金が下がっているということになります。

今では日本の平均月収は20万円くらいと言われていますが、
これがどんどん減っていくのでしょうか。
経済大国と呼ばれていた日本にとってこれほど屈辱的なことはないでしょう。
しかし、そんな時代も間もなく到来すると言われているのです。

年収300万円時代…なんて言葉もありました。

そんな時代にどう対応していくか。
単に働いているだけでは生きていくのは難しいのかもしれません。
そこで私が是非活用していきたいと思っているのがカードローンです。
これをうまく使えばまだまだ対応していけると思います。

どう対応していくかはまた今度お話したいと思います。
皆さんは消費税8%に備えていますか?

カードローンは最高のツール

いやぁ、今日は天気がいいですね!
なんて感じで、今日も金がないですよ!

って人多いと思います。
だって、富裕層って総人口の数パーセントなんですから、
きっとほとんどの人がお金がない、
もしくは余裕のある生活をしていないと思うんです。

そんなことはない!

そうじゃなくて、
綺麗ごとじゃなく現実を見るとってことです。

好きな洋服着て、好きな食べ物食べて、好きなところに住んで、好きな車に乗って、好きな女性と付き合って、好きなところに旅行に行って、好きな時に…

挙げたらキリがありませんけど、
こんな人世の中にいたとしても本当にごくわずかですよね。

しかも日本は世界でも有数の経済大国です。
そんな大国でこれなんですから、
世界で見れば富裕層なんて超ごくわずかなんですよね。

でも、だからと言ってそれで不幸って訳ではありませんよね。
むしろお金があるからこそ不幸になっていく人もいます。
お金=幸せではないと私は思います。

でも、お金が人生のかなりのウエイトを占めているということも事実ですね。
仕事に何時間費やしていますか?勉強に何時間費やしていますか?
その勉強は何の為にしていますか?全てはお金のためだと思います。

そんなお金とうまく付き合っていく方法、
これは私の考え方なんですけど、使い処でキッチリ使うということだと思います。

よく余計な出費はしない…まさにコレだと思います。

少額だろうが巨額だろうが使い処でキッチリ使う。
自分にとってどうしても必要なもの、
お金を使わなきゃどうしようもないもの、
…とにかく、そこでお金を使わないと先に進めないという時ですね。

投資なんかもその一つかもしれません。

明日は片思いの女性とデートだから食事代と洋服代と美容院代が必要だ。
これも一見必要なお金と思いますが、実は違うんですね。
これは人生で必要のないお金です。いえ、少なくとも私はそう思っています。

きっとそこにお金をかけなくても、
あなたという人間が魅力的な人間だったらその女性はあなたのことを好きになると思います。
ただそれだけのことです。外見でなく本質的にです。

だから、本質的に魅力的な人間になるにはどうすればいいか…
そこにお金を使うべきなんです。

そうすることで将来的により多くの収入を得ることが出来ると思います。
でも今お金がない!どうすれば!?
だからカードローンなんです。カードローンは最高のツールです。
一昔前のような後ろめたさは今はほとんどありません。
なぜなら、ほとんどの人が利用してるから!…です。

あなたの人生、まずは自分に投資してみることから考えてみて如何でしょうか?